<学術集会事務局>
埼玉県立大学保健医療福祉学部
小児看護学分野
〒343-8540 越谷市三野宮820
<運営事務局>
株式会社幕張メッセ事業企画課
〒261-8550
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
TEL:043-296-0623
FAX:043-296-0529
E-mail:info@jschn31.jp
開催概要
1.名称
日本小児看護学会 第31回学術集会
2.会期
LIVE配信: 2021年6月26日(土)~27日(日)
  ※一般演題(口演・ポスター)はオンデマンド配信で行います。
   
オンデマンド配信: 2021年7月1日(木)~ 18日(日) 31日(土)
3.会長
添田 啓子(埼玉県立大学保健医療福祉学部 看護学科 小児看護学 教授)
4.学術集会概要
(1)メインテーマ 「コラボレーションで小児看護の未来を拓く」
(2)内容・構成
1)会長講演
テーマ: 臨床と教育とのコラボレーション
―小児専門病院の実践へのセルフケア理論の導入と活用―
演 者: 添田啓子(埼玉県立大学)
2)教育講演
テーマ: 臨床からの発信を研究に-事例研究で看護がつながる
演 者: 山本則子 (東京大学大学院医学系研究科)
3)特別講演企画
テーマ: みんなと地域でイノベーション~医療的ケア児・家族の笑顔のために~
演 者: 黒木健太(NPO法人フローレンス 医療的ケアシッターナンシー)
4)シンポジウム
テーマ: 子どもの“生きる“を支えるケア~新しい発想でのコラボレーション~
シンポジスト:
①小児看護の立場から
松岡真里(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系家族看護学講座 成育看護学)
②医師立場から
小澤竹俊(めぐみ在宅クリニック)
③当事者の立場から
久保田一男・鈴美(難病学生患者を支援する会)
④研究者の立場から
松下博宣(東京情報大学看護学部)
5)親の会共同企画
テーマ: 1.小児がん親の会の成長プロセスと課題
2.ありがとうメッセージ~支えてくれた看護師の皆様へ
演 者: 三上葉子 にじいろ電車(東京女子医大大学病院脳神経外科家族の会)
6)理事会特別企画
テーマ: 「COVID-19と子どもの療養生活」
話題提供者:
  • 広報委員会 上別府圭子(子どもと家族のQOL研究センター)
  • 災害対策委員会 野間口千香穂(宮崎大学)
  • 調査ワーキンググループ 小林京子(聖路加国際大学)
(3)参加者
1,600名(予定)
5.学術集会事務局
埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 小児看護学
〒343-8540 埼玉県越谷市三野宮820
6.運営事務局
株式会社幕張メッセ・事業企画課
〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1
TEL:043-296-0623
FAX:043-296-0529
E-mail:info@jschn31.jp
7.後援
公立大学法人 埼玉県立大学
<学術集会運営事務局>
埼玉県立大学保健医療福祉学部
小児看護学分野
〒343-8540 越谷市三野宮820
<運営事務局>
株式会社幕張メッセ事業企画課
〒261-8550
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
TEL:043-296-0623
FAX:043-296-0529
E-mail:info@jschn31.jp